[AT Will] “紅と湯煙 ─ Hot Spring 2013” ─ サンプル1980/11/15 00:00:00

[AT Will] “紅と湯煙 ─ Hot Spring 2013”

  • 【注】 全ての画像に掲載用の修正 (白(もや)の追加) を加えてあります
  • このエントリのトップ画像は、クリックすると大きな画像が見れます
  • 内容が内容なので、エントリの日時をずっと過去のものにしてあります
  • 誰でも見れてしまうので、できるだけ刺激の低い差分を選択しています
  • 誰でも見れるので、Sample の文字で潰してしまっている部分があります
  • 【注】 下半身の着衣は全部(ふんどし)です
  • 収録画像サイズは 1,000×1,064pix. ですが、掲載画像は 480×512 pix. の中程度の画質で圧縮した JPEG Image です (頒布版に比べ画質は低い)

以下販売ページ (頒布価格 ¥600- +消費税 位)


 

■ 岩の隙間に湧く温泉

岩の隙間に湧く温泉

この画集の特徴が一番良く現れている絵です

周りは岩しか無いので、見えたからどうだという感じですが、水流と水しぶきと湯気色づいた葉を描いていたら、まるで見えなくなってしまいました

見えなくても困らない絵ではあるのですが……

 

岩の隙間に湧く温泉

差分で水面に浮かぶ葉が消えたものも収録されています

 

岩の隙間に湧く温泉 (夜)

更に夜の差分が有りますが、「夜と言われると夜なのかなぁ……」 と言う感じなのが少し残念

 

 

■ 温泉の滝

温泉の滝

温泉に打たれているので、リアルだともう少し見えるか、まるで見えないかなんですが、水流が見えて、人がある程度見える境界を探っていたら、細部が良く見えない絵になってしまいました

 

温泉の滝

差分で、の水流が無くなったものも収録しています

 

 

■ 天然打たせ湯

天然打たせ湯

「表情を失敗したなぁ……」 と感じている絵です (口の表現が駄目なんじゃないかなぁ……)

取り敢えず、肌の赤み強くした結果、画面全体が赤い赤い

割と複雑な岩場で足を組んで座っているのですが、その辺りが曖昧になっているのは、良いのか悪いのか

差分で水流が無くなっているものも収録されているので、そちらだと、もう少しはっきりと見えます

 

■ 触手温泉

触手温泉

この画集で一番過激な表現が行われている絵です

そもそも、画面中触手だらけと言う時点で悪い予感しかしません

差分を見ると、お約束の展開になっているのがわかります

 

 

■ 岩山に湧く温泉

岩山に湧く温泉

キャンバスから意図的に追い出すしたので、右側に岩が有るのが分からないですね

この絵の場合水底の岩しか見えないので湯気や葉で隠れていても問題は有りません

このエントリに掲載している絵は、白(もや)による修正に都合が良いので、白褌の画像を中心にしていますが、殆どの絵はこの様な赤褌が基本で、白褌は差分です

 

岩山に湧く温泉

差分の白褌

(もや)が効果的に細部を消しているのが分かります

但し、画集に収録した絵の場合、白褌だと、濡れている関係で、微妙(わずか)に肌が透けているものも有ります

 

 

■ 秘湯から見える風景

秘湯から見える風景

一通り着衣した状態で、さすがに足の布は外しています

着衣が多いと言う事は、少しずつ外して行けると言う事で、この画集では一番着衣パターンが多くなっています

 

秘湯から見える風景

上着 (?) を外すとこんな感じに

今回描き下ろした絵では、唯一、一般的な背景が描かれているのが分かります

 

 

■ 森の温泉

森の温泉

この絵は、“青い夏 ─ Ragazzi in Estate 2013” を元にして、背景や泉などの色調整と、湯気紅葉の加筆を行ったものです

 

 


一部、あからさまに怪しい画像が混じっているのがアレですが、もっとアレな挿絵の入ったラノベもあるので、大丈夫でしょう (見えてはいけないものが見えてるわけじゃないですし……)

 


以下販売ページ (頒布価格 ¥600- +消費税 位)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
√7 の計算結果を漢数字表記で6桁分(以下切捨)/ドットは ANK 使用/最後に ^q$ を付加

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://asg.asablo.jp/blog/1980/11/15/7081799/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。