FireAlpaca 2.1.14 / Java SE 11.0.2, Java SE 8 Update 201 / +x2019/01/16 20:00:00

謎素材

mdiapp+ 1.8.63 のロールブラシ不具合修正の反映と、フォルダでもミラー反転が可能になった FireAlpaca 2.1.14 がリリースされています

できるだけ早くアップデートしておきましょう

■ FireAlpaca.com

■ FireAlpaca SE [steampowered.com]

 

 


脆弱性を修正した Java SE 11.0.2, Java SE 8 Update 201 がリリースされています

現在利用している人の大半は、Android アプリ開発ユーザと、Minecraft ユーザだと思われますが、アップデートを忘れずに

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

mdiapp+ 1.8.63 / 高速安価モデル Aterm WG2600HS / +x2019/01/15 16:30:00

謎素材

水彩ブラシの混ざり具合の調整とローラーブラシの不具合を修正した mdiapp+ 1.8.63 がリリースされています

そのあたりを使ってない人は、現在の原稿が終わってからで良さそうですが、そんなに時間がかかるものでもないので、できるだけ早くアップデートしておいたほうが無難です

■ mdiapp開発報告所 [hatena.ne.jp]

■ [Steam] mdiapp+ SE [steampowered.com]

 

 


一般的な集合住宅なら Aterm WG1200HP3、ワンルームなら Aterm WF800HP とかでも全く問題はないのですが、戸建てになると Aterm WG1900HP2 あたりが最低ラインになり、家の構造によっては残念ながらそれでも速度が出ず、Aterm WG2600HP3 あたりが必要というケースも珍しくありません

メッシュネットワークというのも一つの解決方法なのですが、それはたくさんスマートフォンタブレットを使ってる環境では便利ですが、そうでもない場合は非常にコストが悪いので、よく使う場所では高速に繋がり、あまり使わない場所では繋がればいいという程度の運用をするのが現実的です (繋がりにくい場所まで有線 LAN ケーブルを引いて、安いWi-Fi ルータを追加設置したほうがコストは低い ← スマートフォンタブレットアクセスポイントの切り替えが簡単だし / このあたりが少し面倒くさいのは Windows PC)

で、某社とか某社とかのは個人的に避けたいので、安定性と値段を考慮すると Aterm しか残らなくなるのがなんとも (Aterm は 2~3年特にメンテナンスせずに放置してもまずダウンしないのが良いのです)

コストパフォーマンスを考慮するのなら、海外メーカ (TP-Link とか) に目を向けたほうが良さそうな気がします

最近の Aterm は、簡易 NAS 機能を廃したので、最上位モデルの Aterm WG2600HP3 もそんなに高くはないのですが、もう少し安くてそこそこ速度が出たらいいのにと言う需要はあります

なので、なくても極端には困らない機能を削除することで少し低価格化した新モデル Aterm WG2600HS が登場するそうです

■ Aterm 機能比較 [aterm.jp]

削除されてもそんなに困らないけど、その機能を盛り込むとコストが掛かりそうという部分を削除しているのがわかると思います

 

最近、超久しぶりに Wi-Fi ルータへの関心が高まっているのは、現在使用している Aterm WG1800HG だと、IPv6 周りが当時の回線状況に合わせた PPPoE 接続時のみ有効で、事実上現在一般的な光回線ではまともに IPv6 が使えないというのを解消しないと不味そうになってきているからだったり (Flet's 光の、IPv6 認証を行うときは NTT の ONU 兼ルータ直接繋がないとだめというのが特に煩わしい)

 

と言うか、IPv6 周りって、割と長い間改善が進まなくて、本格的に改善したのが一昨年の秋頃からで、本格的に改善したのが去年なんですよねー……

ようやく、機器が手頃になってきたので、このあたりも考慮して買い換えるとい幸せになれる可能性があります (スマートフォンとかだと速度よりも、パケットの流れがスムーズになる可能性が重要かな)

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

ムーアの法則自体はとっくに崩壊してるよねぇ…… / +x2019/01/14 20:00:00

謎素材

IC のダイを縮小しつつ低コストにするというのは、なにか画期的な新技術でも出てこない限り難しくなってきているのが現状です

実際、微細化スピードも遅くなったもののもう少し行けるのはわかっていますが、コストは劇的に下がらないのです (EUV が普及して機材のコストをペイできれば少し下がるというレベル)

■ PC Watch の記事 [impress.co.jp]

どうしても高性能製品のダイサイズが大きくなりがちな GPU を扱っている nVIDIA はこのあたりを強く強調している企業です

ダイサイズの拡大は避けられないけど、製造コストはある程度低く……となると、GPU でもマルチダイで構成するという話になっていくのかも…… (発熱の関係で積層設計は難しいと思われる)

 

一般人は、大きなパフォーマンスアップはもう必要なくなっていますが (少しずつ改良するので問題がない)、ゲームとか GPGPU 分野では果てしなく高性能が求められていますからねぇ……

 

nVIDIA も 7nm コア GPU設計はしているはずですが、いつ出てくるのか?

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

Windows 10 ver.1903 の予約ストレージ / +x2019/01/13 23:15:00

謎素材

一般人の 「きちんと理解してない Blog エントリや Tweet」 でネガティブな内容が流れまくった Windows 10 ver.1903 に搭載予定のストレージ予約機能

現在でも、ストレージが足りないときは、USB メモリである程度カバーは出来るのですが、やはり本体側にある程度の空きがないと大型アップデートは失敗してしまいます

それを回避して 32GB eMMC 環境でも概ね問題なくアップデートできるようにしようというのが本来の趣旨です

■ ASCII.jp の記事

32GB ストレージの機種で (最大値らしい) 7GB 確保されてしまうとユーザが自由に使えるストレージはかなり圧迫されるのですが、10GB 用意して更に USB メモリも挿しておいても安心できない現状より改善されるのは確実です (USB メモリが必要なのは変わらないけど安定性は上がる模様)

 

まあ、そろそろ、日本で販売する Windows PCeMMC 64GB を最低ラインにしてくれないかなぁ……という気はするのですけどね……

 

 

一番の問題は、ストレージ容量が少ない PCアプリインストールによって C Drive を圧迫しないように、microSDHC/XC を挿したら Program Files を現在使用しているファイルはそのままで、それ以降は microSDHC/XC 側に仮想領域を用意してそちらをを使うという感じの仕組みを用意しないとあっという間に C Drive が圧迫されてしまうのもどうにかしないといけない気はします

# 現在の仕組みでは My Documents フォルダは移動が可能なのでどうとでもなりますが Program Files フォルダは安易に移動できませんし、移動してもトラブルが起きやすいです

 

後は、この手の小容量の端末で、外部電源を素直に採用している Liva Z/Qスティック PC なんかは、USB メモリを挿しても全く問題ないのですが、タブレット PC だと充電ができなくなってしまうものが多いので、充電コネクタを別に用意するか、USB Type-C を採用して充電USB ポートの同時使用が出来るようにしないと困るという問題でしょうか

このあたり、従来の Windows タブレットでは対応できないものが多いので、悩ましい問題だったりもするのですが……

やや高めの機種ではコストが上がってでも充電兼用ポート (または充電専用コネクタ) と、OTG 専用 USB ポートを用意してくれていれば問題なかったのですが……

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

PayPay ってなんで Yahoo! ID を主とするサービスにしなかったんだろう? / +x2019/01/12 19:30:00

謎素材

100億円キャンペーンとかやるのなら、多少面倒でもアカウントにウォレットサービスを追加する方式にするのは大したハードルにはならなかった気がするんですよね

なので、Yahoo! ID と関連付けたウォレットサービスとして PayPay を運用していれば、トラブルは減った気がします

これなら、ウォレットサービス一つに複数の端末を関連付けても問題が出ないので、複数のスマートフォンウェアラブルデバイスで同じ PayPay を共有するというのも問題なく実現できたはずなんですよね……

楽天Pay, d払い, au PAY はこの方式で運用しており、実績のある運用方法でもあるわけで……

■ PayPay のボーナス取り消しと、その後の対応のトラブルに関する記事 [itmedia.co.jp]

アプリはあくまでウォレットを扱うためのもので、主体になってしまうとその分セキュリティが下がったり、機種変更時 (含 端末故障時) の面倒が大きくなる気がするんですよね (なので LINE PAY もちょっと……)

中国で普及している QRコード決済は、運営会社の ID との連携サービスで、楽天Pay とかと同じ方式なので、何故 Yahoo! ID というサービスを持ってるのに、それを活用しなかったのかは謎です

 

Softbank グループの考えてることって謎ですよねー……

 

 

 

 

【余談】

おサイフケータイみたいに端末が固定されている決済方法は、そもそも本体に FeliCa チップという認証手段が埋込まれていてクレジットカードに近い使い方ですから、QRコード決済とは考え方が違う代わりに利用は単純で紛失時にはチャージ金額が使われるリスクが伴います (なので、クレジットカード連動の iD や QUICK Pay や Edy などのオートチャージは少々危険だと思う)

ただ、物理端末に完全に紐付いているので、犯人の場所が特定しやすい方式でもありますが

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

Firefox とか Flash Player とか / AQUOS ZETA SH-04H の開発者モードメニュー見てて…… / +x2019/01/11 14:15:00

謎素材

風邪で具合が悪かった間に、Firefox とか 月例 Windows Update と同期した Adobe Flash PlayerUpdate

もうそろそろ、Flash Player は明示的に有効化しないと動作しないようになるものの、廃止されるのはもう少し先なので、必要としている人はできるだけ早くアップデートする必要があります

 

 


今更ですが、AQUOS ZETA SH-04H の開発者モードメニューに、埋込みブラウザ (WebView) の選択項目があるのを見つけました

どうやら、最近の AndroidGoogle Chrome アプリをそのまま埋込むことが出来るようになっているようです (だから、SHARP AQUOS では Android の WebView 自体が使用禁止になっていて更新も禁止されている)

WebView のトラブルよりは Google Chromeトラブルのほうが少ないから、こっちのほうが安全なのかも

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

2回休み / +x2019/01/10 23:59:59

謎素材

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください