PhotoCD から成熟期まで (写真のデジタル化) / +x2019/05/01 17:45:00

謎素材

■ ITmedia.co.jp の記事

 

スタートが PhotoCD ってのがある意味素敵

当時の一般人が使用しているカメラは、安い コンパクトカメラ写ルンです 系だった上に、ネガフィルムという失敗が少ない代わりに表現力に制限の掛かったフィルムで、しかも感度が高くなると値段も高くなり、物理的な構造上粒状感が増えていくという代物だったので、紙焼きをイメージスキャナでスキャンしたのよりはきれいという程度にしかならないのにコストがとても高い代物でした

勿論、良いカメラで腕のいい人が撮った写真のデジタル化手法としては画期的な代物だったのですが、一番活躍していたのは 「PhotoCD 写真素材集」 だった気がします

PhotoCD は色の間引きは行われていますが、無圧縮なので画質の方は抜群に高かったりしますし (JPEG でも 4:4:4, Q=94 とかで保存すれば大差ない気がしなくはないですけど)

 

そして、スタンドアロンで動作する画期的な CASIO QV-10 から数年が一番輝いていた時期でした

初期のだと、Canon が画素数多めで比較的綺麗な感じだったかな? (何故か Canon はずっと色味がイマイチなままという謎の製品が出続けるのですが…… / IXY Digital あたりで色味がまともになる)

色味に関しては Fujifilm が初期からいい感じでしたが、600万画素くらいになるまでくっきり感がいまいちでした (オートフォーカスが少し甘かったのが原因だと思います)

確かに初期のコンデジは色々と試行錯誤していた感じがありますが、値段はほぼ据え置きでどんどん性能が上がるので、買い時が難しい感じもありました

そのうち、ビミョーな性能のカメラケータイに付くのが当たり前になっていったので、こだわらなければ困らない時代になりましたが、SoC 性能が低かったので、画質の方はビミョーな感じでした (終期のものは割と高画質でしたけど)

 

デジタル一眼レフは、流石にコストを掛けているだけあって、初期からすごい画質だったのですが、ミラーレスになって一般人が買いやすい値段まで落ちてきたのはつい最近のこと

あ、でも、2000年頃の最上位のコンデジが似たような値段だったよーな……

 

記事では、特定要素では便利な特殊形状のコンデジがいろいろと出ていますが、普通に四角くて液晶パネルにチルト機構がついてるデジタルカメラが、一般的には使いやすいんですよね

後、私は最近知りましたが、Nikonコンデジオートフォーカスの能力が超低い (← 疑問を覚えるレベル)

 

で、まあ、皆さんご存知のように、スマートフォンカメラがどんどん高性能化して、機能的にメモリもたくさん持ってるし、QR コードを実用的に扱うには 5M Pix. くらいはあったほうがいいというのや (※)、SoC が高性能だから全部ソフトウェア処理でもそれなりな処理ができるようになってしまい、細やかな光学ズームとか、確実な手ぶれ補正とか、強力なフラッシュとか、カメラとしての使いやすさとかを考慮しない場合、利便性ではスマートフォンカメラに勝てなくなってしまいました

(※) 2M Pix. クラスだと、少し情報量が増えるだけで読込みが怪しくなります

 

流石に、高機能コンデジ防水コンデジなんかは、特殊用途故か生き残りましたけど

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら】 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください