[WPA3] 国内製品初は BUFFALO / mdiapp+ 1.8.79 / +x2019/03/21 18:15:00

謎素材

WPA3 対応製品が出ていたのは今まで全て海外メーカの製品でした

日本メーカのトップは BUFFALO (→ プレスリリース [buffalo.jp])

BUFFALOWi-Fi 機器Linux ベースのファームウェアなので、OSS を取り込みやすいというのもありそうな気がします (一部のハードウェアアクセラレータは最新のチップなら搭載しているはず)

# AtermFreeBSD ベースで、それ以外は自社開発っぽい (古い機種にターミナルでログインすると、FreeBSD だとわかるコンソールが出た ← 最近のはそのあたりを隠してるっぽい)

ただ今回の対応も、法人向のアクセスポイントで、一般向のルータにはまだ対応していません

 

と言うか、AndroidiOS の端末が現時点では WPA3 に正式に対応しておらず、多分現時点で実用的に利用できる WPA3 機器は、中継器 (含 有線 LAN/無線 LAN の変換器)、Windows, macOS 用の子機くらいなのでは? (しかも一般向ではない)

 

 


レイヤ変形中のメニューの不具合を修正した mdiapp+ 1.8.79 がリリースされています

困ることもありそうなので、アップデートしておきましょう

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら】 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください