Windows 電卓が OSS に! (C++/C#) / mdiapp+ 1.8.76 / Disney DELUXE (税別700円/月) / +x2019/03/07 18:00:00

謎素材

Windows 電卓が OSS になり、GitHub で公開されました [github.com]

MIT License [wikipedia.org] を採用しているので、自由度が高く、著作権表示さえ入れておけば組込し放題です

これで、計算部分を作らなくても自分好みの電卓を作ることができるようになりました

アプリストア版は作り直しされてるから 「C# かなー?」 と思ったら重要なコアは C++ で書いてありますねー (UI 周りは C#)

ソースコードの流用は容易ですが、必要な部分を探すのは少し大変かも……

どういう計算方法を使ってるのか、後で軽くソース読んでみよ……

 

 


直線ブラシやグラデーションの Shift キーでのスナップが 45゜単位になった mdiapp+ 1.8.76 がリリースされています

と言うか、私自身が垂直・水平以外のスナップを使う頻度が低く、必要な作業は別のアプリでしていることが多いのもあって、「対応してなかったんだ?」 と今更ながら気付かされたり

いや、使わない機能って本当に使わないですし

【余談】 アプリによっては、22.5゜ とか 10゜ 毎に設定きるものもありますし、正確な描画をしたいのならドローアプリを使うのがおすすめ (Inkscape なら無料)

mdiapp+ は使わなそうな機能を少なくしているのにこんな反応が出るのでわかると思いますが、CLIP STUDIO PAINT には使ったことすらない機能がいっぱいあります

 

後、面倒くさくて使わなかい機能とか、他の方法でも同じ結果が出る機能とか……

例えば、私、CLIP STUDIO PAINTトーン貼る時、グレースケールかモノクロレイヤしか使いません

CLIP STUDIO PAINT はレイヤの透明度がトーン濃度に反映されるのでわざわざ編集方法を切り替えなくて済む分楽なので、むしろトーンレイヤを使った原稿を見ると戸惑います (ぉぃ

いや、だって、ComicStudio のときは明確にトーン機能を使ってねという感じだったのですが、CLIP STUDIO PAINTトーンって互換性維持のためだと思われますが、操作の手間が増えてるんですよね

 

mdiapp+ はそのあたり完全に割切って、トーン変換機能はグレースケールにのみ対応という、非常に潔い実装になってたりします (戸惑う要素がどこにもない)

グレースケールに透明度がなかったり、マスク機能が他のレイヤを使ったステンシル機能で実装されてたりと、逆に初心者を戸惑わせる部分があったりもしますが、慣れればたいしたことではありません (そもそも、クリッピング機能と似たようなものですし)

# OEMMediBang Paint Pro でも同じ作法が採用されています

 

ちなみに、CLIP STUDIO PAINT のデータを PSD 経由で、mdiapp+ や MediBang Paint Pro へ持っていくと問題が出る可能性がそこかしこにありますが、逆は少し調整すれば問題ないことが多いので、背景を入れてもらったり、トーン貼ってもらったりするだけなら、MediBang Paint Pro で処理してもらうこともできなくはないのですが、修羅場でこれをやるとトラブルの原因になるので、500円アシスタント料を上乗せしてあげて、CLIP STUDIO PAINT PRO バリュー版 を 1ヶ月だけ契約してもらったほうが面倒は少ないと思います (ぉぃ

# 自分で契約して貸すという方法でも良いらしい

 

 


ディズニー見放題がキャリアフリーサービス 「Disney DELUXE」 でスタートするそうです [nttdocomo.co.jp] (要 ディズニーアカウント)

※ 初回 31日は試用期間で無料

ディズニーが保有している作品全部ということで、スターウォーズMARVEL 作品なんかも含まれ、一気に数作品見たい場合に 1ヶ月だけ契約なんてのが割と現実的だと思います

システムには、docomo TV のものを使っているようなので、Fire TV, Apple TV, Chromecast, Android TV を使って大画面で視聴することも可能です

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら】 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください