Windows 10 対応復刻なんだけど…… (SORCERIAN COMPLETE) / 最近は仮想 PC の話題自体が減っていましたが…… / +x2018/12/21 14:45:00

謎素材

SORCERIAN COMLETE Windows 10 対応版の記事が GAME Watch に載りました [impress.co.jp]

Project EGG のメルマガには随分前から載っていたのと、旧版からのアップグレード部分が PDF 周り中心なのと、Windows 10 でも旧版は動くのでスルーしていたのですが、よく見ると、これ MEGA DRIVE 版がカットされてる! (そもそも CD は旧版にもついてる)

■ SORCERIAN COMPLETE Windows 10 対応版 [amusement-center.com]

なるほど、権利関連のコストで MEGA DRIVE 版を諦めて PDF 周りの強化……うーん……

 

 


Windows 10 の場合、Pro 以上のエディションを使えば、仮想 PCWindows の機能でまかなえるようになっています

それ以上に、Windows 10 では WSL が実装されて Linux が動くようになり、macOSiOS開発機またはお絵描き環境という側面が強くなってしまい、仮想 PC の話題自体は少なくなっていってる感じはしました

そもそも、最近の 3D 関連のアプリは、いろいろと制限の多い macOS よりも Windows で使うほうがパフォーマンスを得られやすいというのが致命的な感じがします

昔は、このあたりでも macOS は頑張っていたのですが、アプリは有っても、強力なハードを自由に選べないというのは致命的ですよねー……

そんなこんなで、VMware も殆どサーバ OS での話になってしまって久しく、ひっそりと Parallels の存在感が減っていっていました (秀丸エディタは、Wine で動くし……)

■ Cnet.com の記事

で、突然 Corel に買収されてしまうと……

そもそも、仮想 PCWindows を動かす場合、Windowsライセンスも必要なので、Liva Z2 とかで Windows を走らせ、リモートデスクトップで使うほうが面倒も少なく速いという現実もありますし…… (実のところコストも低くなる)

 

CorelPainter 以外で macOSアプリ開発する気がなそうなので、Paint Shop Pro とか VideoStudio とか CorelDrawmacOS で使ってもらうために、バンドルパックを出すとしても、Windows 10 の導入が前提になるので、あまり選択してもらえない気がするのですよね……

その辺はわかってそうなので、何が目的なのか……

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください