Google Pixel 3 の AI 深層学習用データ収集方法がローテクで素敵 / +x2018/12/03 15:15:00

謎素材

Google Pixel 3 は 1カメラ画像から深層学習 AI を利用して背景がぼけるポートレートモードなどの精度を高くしており、ファームウェアのアップデートごとに機能強化しているのですが、その元になるデータはどうやって収集しているかというのが、非常にローテクで素敵です

■ Cnet.com の記事

なんと Pixel 3 を 5台固定し、同時にシャッターを切って写真を撮影することで視差を利用した深度データを収集しているそうなのです (シャッターの同期には Wi-Fi を利用している)

持ち歩きは面倒ですが、社員の協力で様々な写真が得られるので、比較的低コストにデータ収集できる方法なのは間違いありません

Pixel 3 には Visual Core と呼ばれる AI アクセラレータが搭載されているので、最近の Snapdragon に搭載されている AI 支援機能だと、まだここまでの結果を高速には出せないのでしょう (将来的には GPGPU に置き換えられるとは思われる)

こうなってくると、自社で AI アクセラレータを載せることのできない会社は、Snapdragon などの GPGPU などの深層学習向機能が向上するまでは、後処理に時間を掛けるか、2カメラで対抗するか、GPGPU 機能などの強化を待つかになりそうです

GPGPU 機能などの強化を待つメーカが大多数になりそうですが (完全自社開発はコストがかかるから)

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください