mdiapp+ 1.8.47 / Firefox 63.0.1 / MediBang Paint Pro 20.1 / [Fast] Windows 10 I.P. Build 18272 / +x2018/11/01 19:00:00

謎素材

mdiapp+ 1.8.46 で施された Windows Tablet API の副作用回避が行われた mdiapp+ 1.8.47 がリリースされています

mdiapp+ 1.8.46 導入済の人と、Windows Tablet を利用している人は今すぐアップデートしましょう

■ mdiapp開発報告所 [hatena.ne.jp]

■ [Steam] mdiapp+ SE [steampowered.com]

 

WinTabWindows Tablet API の併存がトラブルのもとになってる気がします

アプリ側から見ると WinTab の拡張 API で済ませてくれていたほうが良かったように見えますが、多分 Windows のシステム側から見ると問題があるのでしょうね

 

 


細かな不具合が修正された Firefox 63.0.1 がリリースされています

Firefox 63.0 になって、終了時にクラッシュしやすくなった気がするのですが、あれは何が原因なのかなぁ…… (特に害はないけど)

■ GetFirefox.com

 

 


不具合があったみたいで、MediBang Paint Pro 20.1 がリリースされています

■ MediBangPaint.com

 

 


Windows 10 I.P. Build 18272 (Fast Ring) が公開されていますが、ISO イメージの提供を行うためか、変更内容は少し偏り気味 (既知の致命的な不具合あり)

やはり、Windows 10 ver.1809 の不具合修正に人手が回されてるんだろうなぁ…… (今回の不具合は割と致命的だし……)

特殊なデバイスのない環境にクリーンインストールする場合なら Windows 10 ver.1809 は特に問題なく、アップデートも提供されるので、新品の PC には普通にインストール出荷されてるのかもしれませんが、配布が再開されるのはもう少し先になりそうです

■ Windows Insider Preview [windows.com]

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

Flickr の無料サービスが大幅に縮小される / そういえば PasocomMini ってその後どうなってるんだろう? / +x2018/11/02 19:15:00

謎素材

Flickr 無料版のファイル数制限が 1,000になり、超過分は 2/5 までに有料プランに移行しないと削除されるそうです

一般人は、Google Photo とかを使ってるので、Flickr は有償ユーザ中心になるのは間違いなそうです

無料版の Flickr で大量の画像を扱ってるユーザは頭がいたいかもしれませんが……

 

 


どう考えてもニッチなユーザ層を狙っていた PasocomMini [pcmini.jp]

そもそも初代機の PasocomMini MZ-80C 自体、デザインの使用許可は得たものの、エミュレータも完全再現ではなく、モニタも互換品で、互換性はややビミョーな感じでした (データレコーダ周り以外はさほど問題はないらしいけど……)

搭載 ROM が少なく設計も素直なので、エミュレータの作成難易度が低かったから選ばれた気がしなくもありません (どう考えても、PC-8001, FM-7 の方が需要が高い)

で、PC-8001, FM-7 はどうなったのか見に行っても、どうも 1月以降動きがないみたいですね

 

まあ、N-BASIC や F-BASIC と主要な内部ルーチンのアドレスを一致させた互換 BASIC を開発するのはかなり難易度が高いのは、わかりきった話だったので、やはり頓挫したんだなぁ……という感じです

 

N60-BASIC は 秋川さんの努力により、かなりなレベルのものがすでに動いていたりするのですが [coocan.jp]、ここまで凄い OSS 互換 BASIC を他で見たことはありません…… (EPSON の N86 互換 BASIC の出来の凄さがわかる)

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

Web 漫画のスクリーンキャプチャ禁止処理って最早…… / +x2018/11/03 17:45:00

謎素材

Web 漫画には、スクリーンキャプチャを禁止しているサイトとしてないサイトがあります

そもそもウェブブラウザで閲覧している場合、スマートフォンタブレットのスクリーンキャプチャって一切禁止できないので、禁止処理を入れる意味合いが薄いとも言えます

# アプリならスクリーンキャプチャの禁止は可能

macOS の事情は知りませんが、LinuxWindows でもトリガキーを Print Screen キー以外に設定できるスクリーンキャプチャアプリは普通に存在し、結果簡単に回避できてしまうわけで、今となっては最早ただの嫌がらせに成り下がってる気がします

無断配布されると困りますが、一番ヴューが多く、カジュアル感覚で権利侵害をしている割合が最も高いスマートフォンのスクリーンキャプチャを排除できない時点で無意味としか言いようがありませんし……

スクリーンキャプチャを取られたくなかったら、ウェブブラウザで閲覧できるようにしてはだめってことですね

ただ、アプリでも Kindlekobo が禁止してない時点で、無断再配布をさせない教育のほうが重要なんだろうなという気はしますが

# なんでこんな事を書いてるかというと、そういう最早嫌がらせとしか言いようのないことをしてるサイトを見たからですけどねー (ウェブブラウザがフォアグラウンドじゃなくなった時点で表示を消すという嫌がらせ付 ← どっちか言うとこっちの方はもっと問題)

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

歩きスマホは十分危険で迷惑なのだけど、自転車運転したままスマホいじって『死にたいのだろうか』と…… / +x2018/11/04 20:00:00

謎素材

歩きスマホ自体が迷惑ですが (いじるのなら立ち止まって、じゃまにならないところで)、自転車をうんてんしたままスマホ弄ってる、「死にたいのだろうか?」 という人をよく見かけます (邪魔にならない所で停車しろよ……)

本人が勝手に一人で事故るのならともかく (これも十分迷惑)、事故を起こす場合は大抵人や自動車との接触で、大惨事になる可能性も高いので、真剣にやめてほしいです……

ヘッドフォンを付けたまま自転車に乗ってる人も怖いですね (あれ、細かい音聞こえてないから)

 

地図を見ながら移動してる人はまず見かけないので、あれって LINE とかを使ってるんだろうなぁ……

当然、都会だと歩きスマホも更に危険になるわけで、こんなポスターが登場しているのだとか [itmedia.co.jp]

待ち合わせ中のやり取りとかチャット状態じゃなければ即レスは疲れるだけなのに気づいてほしいかなぁ…… (長期的に見てデメリットがほとんど)

私、スマートフォンメールでも、即対応しなきゃいけないものじゃないと、半日から 1日くらい平気で放置しますけど

そもそも仕事のメールじゃない限り、できるだけ迅速に対応する必要のあるものって殆ど無いですし

つーか、インスタントメッセージはともかく、メールって「確実に届く仕組みになってない」っての知らない人が多そうだなぁ…… (昔に比べると、ロスト率は低くなりましたが、経路によっては今でも 1時間位掛かることはなくはないです / 到着まで 5~10分というのは割とよくある話)

 

そもそも、そんなに頻繁にやり取りしたいなら、素直に普通の電話IP 電話使えよ……

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

主にサーバで問題になる SMT (Hyper-Threading など) が絡む CPU 脆弱性 (メインターゲットは Intel Xeon) /とっても分かりづらい MediBang Paint Pro 20.0 のカラーピッカー機能 / +x2018/11/05 15:00:00

謎素材
主にサーバで問題になる SMT (Hyper-Threading など) が絡む CPU 脆弱性 (メインターゲットは Intel Xeon) /とっても分かりづらい MediBang Paint Pro 20.0 のカラーピッカー機能 / +x

クライアント PC で問題になることは少なそうで、かなり限定された状況でしか成立しませんが、SMT の原理上コアの動作を推測して他のプロセスがデータを盗むという脆弱性だそうです

CPU アーキテクチャごとに SMT の細かな実装が異なるため、データを盗むコードCPU アーキテクチャごとに必要なのと、同じ物理コアで動かないと成立しない攻撃なので、クライアント PC に攻撃を仕掛けるにはコストが高すぎるのですが、共有サーバだと現実的になってしまうのが厄介なところ

盗まれて困るデータ (主に暗号化部分) を取り扱うアプリはこのあたりも考慮してコーディングしないといけない時代になっているようです

■ 窓の杜の記事 [impress.co.jp]

このあたりは CPU の実装側で緩和することもできなくはなそうですが、OSアプリ側で対処する方が現実的っぽいです

で、まあ、サーバがメインターゲットとなるということは、ターゲットアーキテクチャIntel Xeon が多くなるわけですが、その Intel の 10nm プロセスは、やはりかなりヤヴァい状況のようで、上手くいかないとかなり深刻な問題になるそうです (やはりコバルト配線が問題になっている)

■ ASCII.jp の記事

意地でも仕上げては来ると思いますが、CPU の供給不足に関してはどうしようもない部分があり、AMDARM 系のコアにある程度のシェアを奪われるのも仕方がなそうな感じですね

というか、そういう状況になる方が市場としては健全な気もしますが

 

 


UI設計ミスという気もしますが、MediBang Paint Pro 20.0 で新実装されたカラーピッカー機能の扱いは非常に分かりづらく、悪い UI の見本になってしまっています

窓の杜に比較的わかりやすい説明が掲載されているので使ってみたい方は閲覧してみましょう [impress.co.jp]

アニメ塗りをしている人だと、手間が減る場合もあるかと (よく使う色はパレット登録しておくほうが便利)

なお、水彩筆を多用する人や、色調整は後でというような人には向いてなそうな機能でもあります (邪魔だし)

なお、アニメ塗りも、8bit レイヤを使い、レイヤカラーで後調整したほうが面倒が少ない場合もあるので、レイヤ設計はある程度考えて行ったほうが仕上げの時に楽できます

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

AI は学習範囲外では恐ろしく無能なのです (そういう代物なので仕方がない) / 2019年のコミケは入場料が必要に / +x2018/11/06 19:45:00

謎素材

PaintsChainer [preferred.tech] に似た OSS のサービス Style2Paints [s2p.moe] が話題になっているそうです

ただし、これも美少女イラストを中心に学習させているようで、そこから外れると恐ろしく無能になります

細かく色指定するとなると結局は面倒なので、汎用化するのがとても大変というのを理解しやすいサンプルとも言えますが…… (さっくり着色するのには便利です)

■ ITmedia.co.jp の記事

PaintsChainer [preferred.tech] が 512×512pix. で Firefox にも対応しているのに対し、Style2Paints [s2p.moe] は 1,024×1,024pix. で Firefox では画像のエクスポートができないという、BlinkWebKit に依存した設計になっているという、ウェブサービスとしては駄目な特徴もあります

# WebKit の動作にできるだけ近づけてある MS-Edge でも動くけど、使いづらさにいらつくと思う

で、まあ、あからさまな悪意を感じる線画を使った結果が掲載している素材です

上から 9枚が Style2Paints [s2p.moe] の出力で、その後の 3枚が PaintsChainer [preferred.tech]、最後の 4枚は猫ペイントで超手抜き塗りをしたものを加工した画像です

 

結果を見てみると、Style2Paints [s2p.moe] が、ハーフパンツはなんとか認識できてなくはないけど、手袋と肌ではなくリストバンドとして認識している可能性が高そう (後、線で分けていないのに、頭部と胸部を別パーツとして認識している)

Style2Paints [s2p.moe] だと、立体認識は、ある程度できているようなので、未知の物体 X を塗ったという感じなのでしょう (PaintsChainer [preferred.tech] だと、立体認識しているわけではないので、とりあえず色を入れたという反応になっています)

写真や完成画を使った学習と違って、あらゆるイラストの線画と着色後を集めるのは非常に困難なので、学習を進めるだけでも困難そうで、チューニングも難しそうですし……

学習を続けていけば、美少女美少年美女美青年はノーヒントでもそこそこ塗れるようになるのだと思われますが、そこから外れたイラストは難しそうですね

 

 


一般的な同人誌即売会は入場料がかかります

これは、会場費を参加者みんなで負担しようという考え方なのですが、コミケではこれを採用していません

 

なのですが……、東京都の暴挙のせいで 4日開催にする必要が出てしまい、開催費が不足してしまうため、やむなく入場料が必要になるようです

入口で入場料の生産を行うと大混雑になるので、事前にも入場用リストバンドの販売を行うのかなぁ?

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

透明でガラスに貼り付けることのできる 3.5GHz 基地局 (docomo) / [OTF/TTF] 全児童フォント(フェルトペン) / Chrome 71 で不正コンテンツへの対策強化 / +x2018/11/07 15:30:00

謎素材

5G では 3.5GHz といった高い周波数も使われるため、スモールセル基地局が非常に重要になるのですが、基地局を設置する場所の問題がありました (4G (LTE) で 3.5GHz 対応端末はキャリアモデル以外、あまり出ないと思われる)

docomo は AGC と共同開発することでガラス窓の屋内側に設置できる、ガラスアンテナを採用した基地局も使って対応していくという方針のようです

■ ITmedia.co.jp の記事

MVNO でも docomo 回線が一番 SIM フリー端末対応を期待できるので、非常に重要なことだと思います

 

 


本当の子供に書かせることで実現した 「全児童フォント(フェルトペン)」[BOOTH.pm] というフォントが登場しました (ぎりぎり読める誤字いっぱいだそうです)

Wii U を餌に約7千文字を書かせたのだとか (Oh...

■ ITmedia.co.jp の記事

スキャンした後のフォント化作業には 5年もかかってるとか……

無償版は教育漢字版で、これで十分実用的とも言えます

有償版 (¥1,410-) は、JIS 第2水準, IBM 拡張文字対応ですが、デザイン以外で必要なケースは少なそうな……

記事になったことで、サーバが非常に重くなっているので、無償版もダウンロード可能な BOOTH.pm へのアクセスを強く推奨します

■ 全児童フォント(フェルトペン) [tanukifont.com]

 

 


WindowsmacOSLinux では「ポップアップ広告うざい!」とか 「フィッシングサイトがウザイ」 (十分問題) という感じなのですが、Android では更に悪質なサイトに遭遇する可能性があるので、どうにかしてほしい面が強かった Google の不正コンテンツ対策

プログラムだけでは対応に限界があるのでブラックリスト方式なのですが、Google にフィッシング詐欺サイトの報告をしてもなかなか対応してくれないのが現状です (私が遭遇したケースだと、広告から飛ばされる不正サイトの報告を初めてしてから排除されるまで 3ヶ月位かかった)

ブラックリストの作成方法の強化だと思われるのですが、人間が対処するのはコスト的に不可能なので、振舞い検知の精度でも上げたということなのかなぁ……?

多分、少しでも怪しい挙動があったら GoogleAI サーバに判断を投げて、より詳細な振舞い検知をして、しきい値をこえたら即ブラックリスト候補、判断を迷うものを人間に任せるという方法だと思われます

誤検知を減らす努力はするけど、引っかかりたくなかったらクリーンな JavaScript コードを書きましょうということなのでしょうね

検知されるかどうかを判断できるサービスを用意してるくらいですから [google.com]

でも、今回発表されたルールからすると 30日間は野放しなのか……

あからさまに怪しいものは、もっと猶予期間を短くしてもいいと思うんだけど

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください