静電誘導方式は現時点では画像描画用では多少問題が…… / [Fast] Windows 10 I.P. Build 17682 以降に MSIX が実装 / +x2018/06/11 16:45:00

謎素材

利用している人はわかると思いますが、タッチ対応WACOM タブレットは絵を描いてるときにタッチに反応してあまり使い勝手が良いものではなく、機能を切ったほうが使いやすいという嫌な現実があります (それでも誤反応することはあるのですが……)

ある程度はソフトウェアで解決できるというのは、iPadAndroid タブレットなどでわかってはいますが、このあたりはハードウェア側の改良を含めたノウハウの積み重ねが必要な分野のように思います (Windows タブレットでは殆ど解決していない)

■ PC Watch の記事 [impress.co.jp]

それに対して、タブレット PC でのペンの扱いは、ペン入力が必要だからというのが最重要で、画像描画は二の次ですが、ペンの互換性のないのが問題です

このあたり、WACOM特許が切れたのも大きいらしいのですが、WACOM, Synaptics, ELAN, Google, Intel などが団体を作って、基本的にタッチパネルとの相性が良い静電誘導方式を採用して、業界標準 USI 規格を制定しているそうです

 

この記事で触れているのは、あくまで位置情報の追従性能のみなので要注意

実際のところ、ビジネス用途では筆圧情報はそれほど重要ではなく、追従性のほうが重要なのでこれはこれで素晴らしい結果なのですが、筆圧に触れていないところを見ると筆圧の精度はあまり良くないのだと思われます

このあたりは、USI 規格が普及すれば、いずれ解決することなので、まずは iOS 以外のタブレット端末が USI 規格を標準採用するようになってくれることのほうが重要です

描画をメインに据えている WACOM のタブレットと違って、一般的なタブレット端末 (Windows タブレットが中心) の場合、ペンの互換性がないことのほうが問題ですから

筆圧はいまいちだけど、安いペンとか出てくる可能性もありますしね

 

 


Microsoft によると、新しいインストールパッケージ MSIX は Windows 10 I.P. Build 17682 (Fast Ring) 以降に実装されているという話です (最新ビルドはもっと進んでる)

これ、MSI の置き換えなんですが、世の中には MSI 使ってないインストーラがいっぱいあるという事実や、古い Windows での扱いがどうなるのかとか……

 

多分、Windows 7 のサポートが切れる寸前の 2019年末に Windows 10 へ移行するなんて企業も少なくないでしょうし、Windows 8.1u は 2022年末まで引っ張るだろうから、「そもそも思惑通りに普及するのか?」という問題も

実際には、Microsoft が主張するほどのメリットもないでしょうし……

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
√7 の計算結果を漢数字表記で6桁分(以下切捨)/ドットは ANK 使用/最後に ^q$ を付加

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://asg.asablo.jp/blog/2018/06/11/8892199/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。