mdiapp+ 1.6.22 / 次世代フリー Video Codec AV1 / +x2018/01/07 19:45:00

謎素材

ビットマップ水彩と散布水彩の不具合を修正した mdiapp+ 1.6.22 がリリースされています

私はどちらも使ったことすらないのですが、使ってる人はできるだけ早くアップデートした方が良いでしょう

■ mdiapp開発報告所 [hatena.ne.jp]

■ [Steam] mdiapp+ SE [steampowered.com]

 

 


Google がフリーの Video コーデックを普及させようと VP8, VP9 (WebM) を普及させようとして、今ひとつ上手く行っていません

Windows, macOS, Linux, Android, ChromeOS だと、Google ChromeFirefox で再生できるので大きな問題はないのですが、iOS で再生できないんですよね

これさえクリアできていれば WebM がウェブでの標準コーデックになっていたことでしょう

 

■ Cnet.com の記事

 

で、腰の重い Apple が AOMedia Video 1 (AV1) を開発する Alliance for Open Media に加盟したそうです

そもそも、H.264H.265JPEGOGG VorbisFLACOpus みたいなフリーのコーデックではないので、ウェブではできれば避けたい技術なのですよね

 

Mozilla, Cisco, Google が技術提供しているので、完成すればウェブ上の Video コーデック は置き換えられていくのでしょう

動画を販売するときも、ライセンス料の心配をする必要がなくなるというのは大きいです

 

コーデックの使用料が大きいと思われる、Amazon, Netflix, Hulu が支持していることからも、H.264H.265 が嫌われているのがよくわかると言うか (苦笑

 

A.S.G.動画を頒布するときには、WebM (VP8) を採用しているのですが、iOS では簡単には再生できないんですよねー…… (Android では Google Chrome で普通に再生できます)

 

 


【余談】

KTouchD [vector.co.jp] の不具合をちまちまと修正しているのですが、その過程で新しい不具合を作ってたことに気づいて修正したり……

で、まだ取れてない不具合があるのでが、ソースコードを見てて気づきました 「検索ルーチンの前に挟んでいるふるいのコードが根本的にまずい」 ということに

なんとなく動いてしまうのが更に問題ですね (ぉぃ

誤認識するだけで、タイムスタンプがとんでもないことになってしまう程度しか問題はないといえば無いので、修正するより根本的に書換えたほうが良さそう (非常に見通しの悪いコードになってますし……)

全く反響がないレベルで需要が低いので (苦笑)、今月中に不具合を直せたら良いかなぁ……と

私自身大きくは困っていませんし

 

【どーでもいい余談】

ぷよぷよクエスト (Android/iOS) の DX 復刻で派手にガチャを回して前から欲しかったキャラをようやく入手 (随分前から蓄積してたアイテムを使用したので無課金)

デッキの属性が一つ減っちゃったけど、サポートキャラの選択幅が広がったのが大きい

# 最近は殆ど タスタスの森 ばっかりプレイしていますが

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


¥250-
「こんなイラストができるまで (2017年 7月版)」 (¥250-)
(PDF 1.6 + webM 動画) [BOOTH.pm]

ゆるい感じでイラストの制作過程を PDF同人誌 (おまけイラスト 3枚付) と webM 動画で紹介しています

■ 詳細は → 【こちら」 ≪

■ 同人ダウンロードショップなどで頒布中 (税抜 ¥300-)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「3,000×3,000pix. の JPEG(JFIF) image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
√7 の計算結果を漢数字表記で6桁分(以下切捨)/ドットは ANK 使用/最後に ^q$ を付加

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://asg.asablo.jp/blog/2018/01/07/8764932/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。