[Pixiv] Pawoo の開発者募集……らしい/ [SH-04H] ロック No. の登録ミスってた…… / +x2017/04/18 13:30:00

謎素材

PixivMastodon [mastodon.social] インスタンスサーバ Pawoo [pawoo.net]開発者を募集中だとか

 

実際に大規模な運用をはじめて、色々とチューニングの方向性とかは見えてきているみたいです (→ 公式ブログ [pixiv.blog])

 

Pixiv は蓄積型サービスとしては優秀なのですが、Twitter みたいな気軽さが薄いせいか、最近は Twitter をメインに活動している方が多いので、その辺りをある程度取り込むのが目的なのかな、と

 

現時点では、Twitter に有るような画像の表示制限が出来ないらしく、欧州の一部サーバからはブロックされているらしいです

# 表示制限があるのに、アカウントを凍結されたりするユーザが後をたたないのもどうかと思いますけど……

OSS なので、このあたりもいずれ解消されていくのだと思われますが、本格的な普及が始まったばかりなので、今後どうなるのかは不透明ですね

 

 


何とか、基本的な環境の移行までは済ませたのですが、指紋の追加登録をしようとしたらロック No. を登録時に何らかの原因で入力ミスっていたことが発覚

どうにかならないかとあがくも駄目で、docomo ショップに相談しに行くことに……

 

結局、ロック No. に関してはどうにもならないみたいで、初期化して再セットアップするしか無いとのこと

 

うわー、ゲームの移行手続きや、Helium [github.com] でのバックアップリストアをまたやらなきゃ駄目なのかぁ……

もう少し早く気づいてればダメージは浅かったのに……

 

仕方なく、再度バックアップや移行手続きを済ませて端末を初期化

今度はきちんと確認しながらロック No. を登録 (念のため指紋も4つ登録)

 

初期セットアップが終わった時点で即座に、ロック No. の確認を行ったので、今度は大丈夫

 

 

セットアップを進めていくと、ホームアプリの設定は復元できるっぽく、割と手間のかかったアプリの整理時間が大幅に減ったので、大分楽といえば楽だったけど、Android 7.0SH-04H の操作に慣れただけとも言えるんですけどねー……

 

 

んで、副次的に重大なことが判明

現在、少なくとも docomo の端末だとマッシュルーム対応の QR コードスキャナが使えると思うのですが (SHARP の端末にはインストール可能)、使えない端末の方が多数派になってるんですよね

回避方法としては優秀だった ImageCode Ime が配布を停止したらしく、IME から QR コード の文字列を入力するのが難しくなっているようです

 

QR コードスキャナからの入力は、地味に便利なのですが、使ってる人が少ないのかなぁ……

# デンソーQR コードスキャナが対応してくれれば解決するのですけど駄目っぽい

 

 

そう言えば、最近のユーザはそもそもマッシュルームを使ってない……という現実が有るような…… (せっかく、Google 日本語入力 も対応したのに……)

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください