Windows と Linux のどちらが低コストか / +x2017/03/20 19:30:00

謎素材

■ Linux に舵を切った後 Windows 10 に戻ってきたミュンヘン [itmedia.co.jp]

 

ミュンヘンLinux へ舵を切った当時は少々不便でも間違いなく Linux の方が低コストだったのですが、最近では一番安い Atom 系デュアルコア Celeron 採用 PC でも事務用途なら概ね問題なくなってしまっているので (*1)、アプリの運用コストの問題も大きくなってくると思われます

 

日本の場合、現在の LibreOffice Writer では概ね問題なくなっているものの、昔のヴァージョンでは文章フォーマットの一部が表現できないという問題もあったみたいですが、欧米ではこの点で問題が出ることはまずありません (受信した MS Office ドキュメントが正常に表示できなくて困るという問題は出ますが…… / *2)

 

組織で必要になる専門特化アプリサポートコストに目を向けると、Windows の方が安くなるケースも有るというのが最大の原因っぽいです

記事でも触れられていますが、現在の MicrosoftOSS を拒絶していないので、サーバサイドで Linux を走らせれば問題ないケースもありますし (*3)

 

MicrosoftOS に強く依存した会社から、サービスを提供する会社に変化したのが大きそうですね

米国では Chromebook への切り替えが起きていたりするので、OS への依存性を減らすことが大事なのでしょう

 

 

実際、Ubuntu の方が楽な作業ってのもないわけじゃないんですよ、これが

Windows で苦労して環境を作るより Ubuntu を使った方が楽な場合もありますし

 

WindowsUbuntu の併用が一番便利なんじゃないでしょうか

CPU が 4コア以上かつ高速でメモリもしっかり積んでる場合は、仮想環境Ubuntu を使うのもありでしょう (デスクトップは LXDE を推奨)

 

 

  • *1 : そもそもこのクラスでも Core2Duo と大差ない
  • *2 : 読むのと印刷だけなら PDF に自動変換するという方法もありますが取り扱う量が多いとサーバコストが高そう (少ない場合は現実的とも言う)
  • *3 : ミュンヘンでは LXSS も併用する模様

 

 


 

 


様々なテーマを扱う安価な商用可ロイヤリティフリー素材集を頒布しています

興味が有る方は、A.S.G. の BOOTH [BOOTH.pm] や DL ショップにてサンプルをご覧頂ければ幸いです

白銅素材集

■ 白銅素材集 08 『ほのぼの (?) 風味な何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 06 『文字とか模様とか』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 04 『室内っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 02 『円環の符号っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

■ 白銅素材集 01 『魔法円 (魔法陣) っぽい何か』 [BOOTH.pm] (100円)

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
√7 の計算結果を漢数字表記で6桁分(以下切捨)/ドットは ANK 使用/最後に ^q$ を付加

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://asg.asablo.jp/blog/2017/03/20/8412126/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。