[Win10] 8/2 に ISO イメージ も公開されるらしい / [iOS/Android] ゴルゴ13×DOOORS / +x2016/08/01 14:15:00

謎素材

Windows 10 ver.1607アップデートは、サーバの負荷を分散するために順次適用される予定ですが、すぐにアップデートできる ISO イメージも公開される予定だそうです

 

急にアップデートが来て困るという人は、ISO イメージを利用してアップデートするのも良いでしょう

 

■ Windows 10 Update / ISO イメージ作成ツールのページ [microsoft.com]

 

 


6月に 「ゴルゴ13×DOOORS」 (iOS/Android) が公開されていたようです

 

■ 公式ページ [cybird.ne.jp]

 

とりあえず、Google Play での評価は低いですね

 

原因は、端末によっては動画の再生がうまく行われない不具合があったり (Android)、中断すると続きがわかりづらくなったり、途中から有料というあたりみたいです

そう、このゲームをクリアするには * 要課金 * なのです

 

広告収入だけで成り立つ内容じゃないですしねぇ……

 

とは言え、今までのシリーズが広告のみの無料アプリで、Nintendo 3DS 版は、サウンドを販売可能なものに差し替えたり、新しい問題を追加したりしても ¥500- と安価でした

で、スマートフォンの場合、課金は 500円でも安いとは見えないわけで……

 

明らかにマーケティングを失敗しているというか……

 

 


 

 


雑多でたくさんがテーマの素材集 「白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』[BOOTH.pm]」 が頒布中です

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


“白銅素材集 06 『白黒斑模様っぽい何か』”を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

 


白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は■→ サンプルをご覧になって頂ければ幸いです [BOOTh.pm]

 

 


現在頒布中の “白銅素材集 04 『室内っぽい何か』” には、かなり偏ってはいますが室内背景デジタルトーンを 13種 38枚収録しています

 

白銅素材集 04 『室内っぽい何か』

 

 

 


陰陽五行梵字Ninja古銭” あたりを適当に混ぜて生み出された、迷走気味の似非東洋素材を収録した安価な素材集白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [booth.pm]

 

内容は、5種類の素材画像を、1,600×1,600pix. のカラー (含 グレースケール) PNG と、6,000×6,000pix. の白黒 PNG (効果トーン) で収録していて、計12枚です (白黒に加工が容易な背景なしが 2枚有るため)

画像が 12枚入って100円 (税別 または 税込) なので、気軽にお求め頂けるかと思います

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

Windows 10 のシェアは 21% 程度らしい / +x2016/08/02 17:00:00

謎素材

■ NetMarketShare の調査結果 [cnet.com]

 

但し、ネットトラフィックを利用した調査なので誤差は割と大きいはずです

 

 

そもそも、Windows 7 から Windwso 10 の場合、環境の引き継ぎができませんし、企業ユーザの場合 Windows 7 でしか動作しないアプリを使ってることも割と多く、移行が進みづらいのは仕方ないといえば仕方ないと思われます

 

で、まぁ、2020年 1/14 に Windows 7サポートが切れるので、2019年末までに Windows 10 に移行しなくてはならないのですが……

 

 

企業の場合、Windows Server の移行の方がもっと深刻だったりしますけれど……

 

 


 

 


雑多でたくさんがテーマの素材集 「白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』[BOOTH.pm]」 が頒布中です

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


“白銅素材集 06 『白黒斑模様っぽい何か』”を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

 


白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は■→ サンプルをご覧になって頂ければ幸いです [BOOTh.pm]

 

 


現在頒布中の “白銅素材集 04 『室内っぽい何か』” には、かなり偏ってはいますが室内背景デジタルトーンを 13種 38枚収録しています

 

白銅素材集 04 『室内っぽい何か』

 

 

 


陰陽五行梵字Ninja古銭” あたりを適当に混ぜて生み出された、迷走気味の似非東洋素材を収録した安価な素材集白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [booth.pm]

 

内容は、5種類の素材画像を、1,600×1,600pix. のカラー (含 グレースケール) PNG と、6,000×6,000pix. の白黒 PNG (効果トーン) で収録していて、計12枚です (白黒に加工が容易な背景なしが 2枚有るため)

画像が 12枚入って100円 (税別 または 税込) なので、気軽にお求め頂けるかと思います

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

[Win10/Update] Windows 10 ver.1607 (Build 14393) / Firefox 48 / Kindle Unlimited / +x2016/08/03 13:30:00

到頭 Windows 10 ver.1607 (Build 14393) へのアップデート開始の日がやって来ました (日本は世界でも日が変わるのが早い国なので 1日近くずれる)

 

サーバの負荷を分散させるために、Windows 10 を 30日以上利用している PC の一部のアップデートが始まっているはずです

なお、変に遅らせると困るという人や、今すぐアップデートしたいという人のための ISO イメージも公開されています

 

■ Windows 10 アップグレード/アップデート (ISO イメージ作成ツールの配布有) [microsoft.com]

 

Windows 10 Home は、アップデートタイミングを決めることが出来ないので、来てしまった人は再起動の延期で粘るしかないのが厳しいところですが……

 

 

 

【余談】

アップデート日時をコントロール出来ないのは困るので、私の メイン Windows 10 Home 環境 (Lenovo G50) を ISO イメージで作成した DVD-R を使ってアップデートしました

 

CPU (と言うか SoC なんですが) が Celeron N2830 (Atom と同じコアを ノート PC/デスクトップ PC 用に構成したもの) に 2.5”SATA HDD を組み合わせた製品なので決して速くはありませんが、これでも Core2Duo より少し遅い程度の速度は出ており、普通に使っている分にはそんなに遅くはありません

# メモリを 8GB に増量してあるのでスワップもそんなに発生しません

 

 

この環境で、アップデートに掛かった時間は約1時間50分 (※ ISO イメージダウンロードDVD-R 書込時間を除く)

小型 PC や、タブレット PC だともう少し遅い環境もあるので、3時間は見ておいた方が確実だと思われます

 

Lenovo G50 はグローバルモデルのキーボード変更版なので、特殊なハードがなく、アップデート自体は問題がありませんでした

アップデート後、幾つかの設定がリセットされるらしく、タスクバーMS-Edge, ストアのピン留め・コマンドラインの設定・仮想デスクトップの設定・Intel GPU ドライバの設定なんかが初期化対象のようです

 

既に Windwos 10 I.P. を使った記事が出ていますが、ロック画面の挙動が少し変更されていたり、スタートメニューの構成が少し変わっていたり、通知アイコンの位置や設定の内容が変わっていたりしますが、不便を解消する方向への変更なので、大して気になることではありません

UAC の警告ダイアログデザインが変更され、非常に目立つものになっているのは、他のダイアログに近いデザインだとあまり警告になっていなかったからだと思われます

 

後、正式にダークテーマ (日本語だと「黒」) が有効化されましたが、正式版になっただけあって右上のボタンが見えなくなるとか、ビミョーな不具合もなくなり、普通に使えるようになっているのが良いですね

 

基本的に、Windows 10 が正常動作している環境なら、かなり特殊なドライバアプリが使用されていないかぎり特に問題なくアップデートできるはずです

【注意】 Windowsインストールされているパーティションの空き容量を十分確保しておかなとアップデートできません

 

 


Firefox 48 がリリースされました

脆弱性の修正を含みますので、利用している方はできるだけ早くアップデートしましょう

 

■ GetFirefox.jp

 

 


Amazon.co.jp も定額電子書籍閲覧サービス Kindle Unlimited を始めたそうです (¥980-/月)

 

但し、日本電子書籍で一番読まれている漫画に関しては、最初の方の巻だけというものが多い模様 (全巻読めるのは古めの作品)

雑誌は多数取り揃えられているようですが、読むのは一部でしょうし……

また、和書には相当な偏りがあるみたいなので、かなりビミョーなサービスでもあります

 

【注意】 オーディオブックは含まれません

 

 


 

 


雑多でたくさんがテーマの素材集 「白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』[BOOTH.pm]」 が頒布中です

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


“白銅素材集 06 『白黒斑模様っぽい何か』”を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

 


白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は■→ サンプルをご覧になって頂ければ幸いです [BOOTh.pm]

 

 


現在頒布中の “白銅素材集 04 『室内っぽい何か』” には、かなり偏ってはいますが室内背景デジタルトーンを 13種 38枚収録しています

 

白銅素材集 04 『室内っぽい何か』

 

 

 


陰陽五行梵字Ninja古銭” あたりを適当に混ぜて生み出された、迷走気味の似非東洋素材を収録した安価な素材集白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [booth.pm]

 

内容は、5種類の素材画像を、1,600×1,600pix. のカラー (含 グレースケール) PNG と、6,000×6,000pix. の白黒 PNG (効果トーン) で収録していて、計12枚です (白黒に加工が容易な背景なしが 2枚有るため)

画像が 12枚入って100円 (税別 または 税込) なので、気軽にお求め頂けるかと思います

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

[Win10] Windows 10 ver.1607 (Build 14393) / Windows 10 とスクリーンキーボード / +x2016/08/04 13:30:00

謎素材

Windows 10 ver.1607 (Build 14393) の導入後一日が経過しました

テストユーザが増えたからか、Fast Ring の運用がα版も提供する方針に変更されたからか、安定性は Windows 10 ver.1511 (Build 10586) のリリース時比べても高いようです

# Windows 10 ver.1511 (Build 10586) のファーストリリースは落ちたりはしないけれど、細かい部分の動作に怪しい部分があった

 

ただ、導入環境が、CPU, GPUIntel Celeron (N) SoC で、非常にベーシックな構成ゆえに尖った環境でどうなのかはわかりません

一台だけ AMD A10 SoC 使った PC があるけど、現時点では導入をためらいますねー

AMDGPU ドライバの出来がビミョーですから (実際、Windows 10 I.P. では頻繁に不具合の原因になっています)

 

 

後、アップデート時に初期化される項目があったり、環境に応じてインストール内容を変えるアプリで、問題が起きることはあるみたいなので (特にゲーム)、慎重にアップデートしなければならない環境は存在します

# インストール内容を変えるタイプのアプリは、アンインストール → 再インストール で解決することも多い

 

 

CLIP STUDIO PAINT, ComicStudio 4 EX (4.6.2) は問題なく動作していますので、夏コミ合わせの原稿ができなくなるということはありません

 

 

そう言えば、一応 VIA Eden X4 (Nano のクアドコア) を載せた M/B (VIA EPIA) は入手可能みたいです

基本的に、組込用ですけど

これ、Windows 10ドライバも用意されているのですが、動作の安定性とかはどんな感じなんでしょうね

# Nano のコア性能が、AtomAthlon/Sempron と同等なので、わざわざ選択する意味はありませんが

 

 


なんか、Windows 10 を導入するとスクリーンキーボードが勝手に出てしまうマシンがあるとか [6809.net]

 

多分、タブレット PC として誤認識されているのだと思われますが、Off にする方法がまだ統一されていないらしい

# Windows 8 登場時から発生している問題がまだ残っている模様

 

これ、発生する環境の場合 “フィードバックHub” で報告したほうがいいんじゃ……

 

 


 

 


雑多でたくさんがテーマの素材集 「白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』[BOOTH.pm]」 が頒布中です

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


“白銅素材集 06 『白黒斑模様っぽい何か』”を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

 


白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は■→ サンプルをご覧になって頂ければ幸いです [BOOTh.pm]

 

 


現在頒布中の “白銅素材集 04 『室内っぽい何か』” には、かなり偏ってはいますが室内背景デジタルトーンを 13種 38枚収録しています

 

白銅素材集 04 『室内っぽい何か』

 

 

 


陰陽五行梵字Ninja古銭” あたりを適当に混ぜて生み出された、迷走気味の似非東洋素材を収録した安価な素材集白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [booth.pm]

 

内容は、5種類の素材画像を、1,600×1,600pix. のカラー (含 グレースケール) PNG と、6,000×6,000pix. の白黒 PNG (効果トーン) で収録していて、計12枚です (白黒に加工が容易な背景なしが 2枚有るため)

画像が 12枚入って100円 (税別 または 税込) なので、気軽にお求め頂けるかと思います

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

Windows 10 で Linux X アプリ / mdiapp+ 1.2.26 / +x2016/08/05 19:45:00

謎素材

Windows 10 ver.1607 (Build 14393) になったので、「そー言えば、Subsystem for Linux 入れようと思ってたんだっけ……」 というのを思い出しました

 

まずは、「Subsystem for Linux (Beta)」 を有効化して (この時点で再起動)、cmd.exe から bash を実行してみると 「開発者モード」を有効にしなきゃ駄目と表示されるので、「開発者モード」に切り替えて、bash を実行すると Ubuntu 14.04LTSインストールされます

 

X server は mobaXterm Personal Portable がお手軽っぽいので採用 (本格的な処理は Ubuntuインストールした PC で行うので面倒がない方がいい)

bash で、“$ export DISPLAY=:0.0” とタイプして、GUI アプリを起動してみると……日本語が全部コード表示に……

どうやらフォントWindows と完全別管理なので、“$ apt-get install fonts-takao” で Takao フォントを有効化してから、再度 GUI アプリを起動

 

これで問題ないみたいですが、環境変数 DISPLAY は bash の設定を細工しておかないと毎回初期化されるので、起動したい GUI アプリシェルスクリプトにまとめたほうが面倒は少なそうです (設定ファイルを直接いじると色々と面倒くさいので……)

 

今回やりたいことは、Perl で書かれたプロキシ (WindowsActivePerl では正常動作しない) を専用アプリアクセスするというものなので、「bash を 2つ起動してどうにかするのかー……、面倒くさいなー……」 という感じです

# 単純な処理のためだけに Linux PC を使わなくて済むのが利点

 

 

「Subsystem for Linux」 はファイルシステムの差異を吸収する部分で無理をしているらしく、ファイルアクセス速度が遅いらしいので、本格的に Linux デスクトップを共存させたいときは、仮想 PC (VM)Linux を走らせるか、リモートデスクトップを使う方が便利そうです

ただ、Linuxリモートデスクトップで使うのって、お手軽じゃないよなぁ……

 

 


現在のブラシで図形ツールが使えるようになった mdiapp+ 1.2.26 がリリースされています

そう言えば、64bit 版でレイヤ枚数が凄く多くて、更にいろんな思い機能を使いまくっていたら、いきなりアンドゥが効かなくなったんだけど、不具合なのか何なのか…… (しかも、起動してから 12時間程度経過してた)

# そもそも、再現条件が全くわからない

 

■ mdiapp開発報告所 [hatena.ne.jp]

 

 


 

 


雑多でたくさんがテーマの素材集 「白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』[BOOTH.pm]」 が頒布中です

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


“白銅素材集 06 『白黒斑模様っぽい何か』”を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

 


白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は■→ サンプルをご覧になって頂ければ幸いです [BOOTh.pm]

 

 


現在頒布中の “白銅素材集 04 『室内っぽい何か』” には、かなり偏ってはいますが室内背景デジタルトーンを 13種 38枚収録しています

 

白銅素材集 04 『室内っぽい何か』

 

 

 


陰陽五行梵字Ninja古銭” あたりを適当に混ぜて生み出された、迷走気味の似非東洋素材を収録した安価な素材集白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [booth.pm]

 

内容は、5種類の素材画像を、1,600×1,600pix. のカラー (含 グレースケール) PNG と、6,000×6,000pix. の白黒 PNG (効果トーン) で収録していて、計12枚です (白黒に加工が容易な背景なしが 2枚有るため)

画像が 12枚入って100円 (税別 または 税込) なので、気軽にお求め頂けるかと思います

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

Windows 10 Windows Ink / 楽天レンタルとオークション / mdiapp+ 1.2.27 / +x2016/08/06 16:30:00

謎素材

なんか、あまり書かれてない気がしますが、Windows 10 ver.1607 (Build 14393) に搭載された Windows Ink は WinTab が有効なら、特に設定を変更しなくても使えるようになります (設定を変更すれば、タッチパネルペンタブレットもない環境でも有効にはできる)

タブレット PCドライバは、タッチパネル特化型だと思われますが、SurfaceWinTab も走ってるのは間違いないですし (但し、ドライバの出来はイマイチらしく、WACOM タブレットの方が動作はまとも)

 

なので、イラスト漫画描きにはおなじみの WACOM タブレットドライバインストールして、タブレットを繋ぐと Windows Ink が勝手に有効化されます

が……、あまりメリットは感じないかなぁ……

 

画面に注釈を入れるのなら、PrintScreen キーでキャプチャしたのを、標準添付のペイントにペーストして書込むことも可能ですし……

 

Windows Ink のツールの方がお手軽のなのは事実ですが……

# 何故か、付箋に手書き入力できません……

 

 


そっかー、楽天レンタル楽天オークションサービス終了するのか

そもそも、楽天レンタルはリニューアル後は GEO に委託してたしなぁ……

 

代替サービスは、楽天music と 楽天SHOWTIME と 楽天フリマ

楽天フリマは即決価格でしか出せないオークションみたいなものなので、まあ、そんなものかなーなんですが、楽天music や 楽天SHOWTIME は代替サービスにはなってないよね……

 

楽天レンタル は委託先だった GEO のサービスに乗り換えれば済むといえば済むんですが……

 

 


ブラシで図形描画時の挙動が改善された mdiapp+ 1.2.27 がリリースされています

利用している方はアップデートしましょう

 

■ mdiapp開発報告所 [hatena.ne.jp]

 

# なんか、Photoshop (PSD) との互換性、レイヤフォルダ周りがかなーり怪しい……

 

 

 


【メモ】

Windows 10 ver.1607 (Build 14393) の 「Subsysatem for Linux」 で Perl を使ってサーバを起動させるのに足りてないパッケージインストールする例

$ apt-get install libhttp-daemon-perl

$ apt-get install www-perl

私の場合、この 2つが足りてませんでした

 

普通の人が、apt-get で取得するパッケージの名前なんか知らないので、Ubuntu はこの辺りに絶望的なハードルがあるような…… (Linux 全般だともっと混沌としてます)

# この辺り、検索で探すの大変なんです……

 

これ、「Ubuntu 14.04LTS デスクトップ版」 だと標準インストールされてるんですよね……

 

 


 

 


雑多でたくさんがテーマの素材集 「白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』[BOOTH.pm]」 が頒布中です

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


“白銅素材集 06 『白黒斑模様っぽい何か』”を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

 


白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は■→ サンプルをご覧になって頂ければ幸いです [BOOTh.pm]

 

 


現在頒布中の “白銅素材集 04 『室内っぽい何か』” には、かなり偏ってはいますが室内背景デジタルトーンを 13種 38枚収録しています

 

白銅素材集 04 『室内っぽい何か』

 

 

 


陰陽五行梵字Ninja古銭” あたりを適当に混ぜて生み出された、迷走気味の似非東洋素材を収録した安価な素材集白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [booth.pm]

 

内容は、5種類の素材画像を、1,600×1,600pix. のカラー (含 グレースケール) PNG と、6,000×6,000pix. の白黒 PNG (効果トーン) で収録していて、計12枚です (白黒に加工が容易な背景なしが 2枚有るため)

画像が 12枚入って100円 (税別 または 税込) なので、気軽にお求め頂けるかと思います

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください

断線しにくい microUSB ケーブル / +x2016/08/07 14:00:00

謎素材

Amazon.co.jp 専売のセット品の方が安いような気もしますが、上海問屋で販売されているものは 1本単位で買えるのが便利だと思います [rakuten.co.jp]

 

個人的には、断線しにくい Nintendo 3DS充電ケーブルが出るといいのになと……

変換コネクタは無骨に大きいのばかりだしなぁ……(アダプタ一体型は断線するとまるごと駄目になるし……)

 

 


 

 


雑多でたくさんがテーマの素材集 「白銅素材集 07 『雑多なトーンっぽい何か』[BOOTH.pm]」 が頒布中です

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 


 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

外部委託版 (高い方) [DLsite.com] ([DMM.com]/[DiGiket.com]) はレイヤ付画像を PSD DocumentMDP Document で収録しています

BOOTH 頒布版 [BOOTH.pm] はレイヤ付画像を MDP Document でしか収録していませんので他の形式への変換には、FireAlpaca/MediBang Paint Pro/mdiapp+/コミラボ+ のいずれかをご利用下さい

 

 

■→ FireAlpaca [firealpaca.com] / ■→ MediBang Paint Pro [medibangpaint.com]

■→ mdiapp+ [nattou.org] / ■→ コミラボ+ [portalgraphics.net]

 

 


“白銅素材集 06 『白黒斑模様っぽい何か』”を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は各ショップのサンプルをご覧になって頂ければ幸いです

 

 


白銅素材集 05 『白黒斑模様っぽい何か』 を頒布中です (¥100~)

 

 

商用可ロイヤリティフリー素材集なので興味が有る方は■→ サンプルをご覧になって頂ければ幸いです [BOOTh.pm]

 

 


現在頒布中の “白銅素材集 04 『室内っぽい何か』” には、かなり偏ってはいますが室内背景デジタルトーンを 13種 38枚収録しています

 

白銅素材集 04 『室内っぽい何か』

 

 

 


陰陽五行梵字Ninja古銭” あたりを適当に混ぜて生み出された、迷走気味の似非東洋素材を収録した安価な素材集白銅素材集 03 『勘違い東洋風の何か』 [booth.pm]

 

内容は、5種類の素材画像を、1,600×1,600pix. のカラー (含 グレースケール) PNG と、6,000×6,000pix. の白黒 PNG (効果トーン) で収録していて、計12枚です (白黒に加工が容易な背景なしが 2枚有るため)

画像が 12枚入って100円 (税別 または 税込) なので、気軽にお求め頂けるかと思います

 

 


【おまけ】

何に使えるのか少々謎な素材を掲載

 

このエントリに掲載している 「6,000×6,000pix. の png image」は、「A.S.G. 素材ライセンス」 で配布していますので、ライセンスを熟読した上でご利用下さい

 

 


■ 単発イラストを描いてくださる方を募集中

【注】 有償ですが薄謝です

※ 詳細は →こちら のエントリをご覧ください